旧サビエル記念聖堂あゆみTOP  主任神父歴代  サビエル日本の宣教記念  山口の切支丹、大内時代  写真で見る宣教のあゆみ


山口のキリシタン 
〜 サビエル来山にはじまる大内時代 〜


《アウグスチノ・岩崎 太郎》

16世紀のはじめ、ヨーロッパでは、宗教改革によるキリスト教会分裂後、間もなく、カトリック教会の内部から、自己を刷新し、頽勢をばん回しようという反宗教改革運動が起こった。その運動の先頭に立ったのは、イグナチオ・ロヨラを創始者とするイエズス会という修道会(1540年創立)であり、その頃世界の海に雄飛していたポルトガルの植民地に渡航して伝道を行ったのはその事業の一つであった。フランシスコ・サビエルは、ロヨラの友人であり、また彼のもとに集まって会の創立に尽力した同志の一人であった。サビエルは、信仰者には摂理、信仰のない者には運命といえる経緯を経て束洋に派遣され、後世、東洋の使徒と讃えられている。我が国への渡来もまた、マカオで日本人ヤジロウ(アンジロウとも云われている)にめぐり会ったために思い立った事であった。


ヤジロウは鹿児島の生まれで、人を殺して国外へ逃亡していたものであって、恐らく和寇的なものになっていたと思われる。事実、サビエルに会って受洗して以来信仰への道が非常に進歩したと賞されていたにもかかわらず、サビエルが日本を去った後、鹿児島で切支丹の迫害が起こると、再び国外に逃れて和寇となり、最後は殺されたとも消息不明とも云われて定かではない。

サビエルの渡来は、ポルトガル船の最初の渡来以後間もない頃であり、彼に続く宣教師の渡来もこのような貿易船と密接に関連しており、それが伝道に当たり事を有利に進める手段となったが、他面、後年になって様々な面倒な問題を起こす原因ともなった。