新サビエル記念聖堂TOP  サビエル記念聖堂説明  聖堂内部設備  山口カトリック教会と記念聖堂のあゆみ  聖堂のあらまし


サビエルの想い、新たに・・・・・・・・・・・・・・・・

サビエル記念聖堂の再建に当たり、山口市民の皆様、さらに全国、
世界中の皆様方と連帯を強めることができ、その皆様の力を借りて、
完成の日を迎えることができたことを心から感謝いたします。


長い歴史において、教会の建築は、それ自体が大きな出来事であり、
その街の市民を一つの目標に向けさせる契機ともなったものでした。
かつてのヨーロッパの大聖堂などは、
建設を始めて完成までに何百年もの年月を要したほどで、
聖堂を大切なもの、価値あるものとして、
次の世代に残そうとしていた時代がありました。


新しく完成したサビエル記念聖堂も、あとに来る子供たちに、
キリストの大切なメッセージと、
幾多の苦難を乗り越えてこの地にキリストの福音をもたらした
サビエルの精神、すなわち、心の若さと広さを少しでも
伝えていくことができればと考えております。


1991年9月に旧聖堂が焼失して以来、
再建に向けて歩んできた道のりは決して平坦なものではありませんでした。
しかしながら、全国2万人もの方々から寄せられた、たゆまぬ激励とご支援が、
私たちの取組みを力強く支え、前に進ませてくださいました。
皆様方に改めて、心からお礼を申し上げるとともに、
今後とも、サビエル記念聖堂に
あたたかいご理解とご支援を寄せていただくようお願い申し上げます。

山口サビエル記念聖堂再建委員会
委員長 ドメニコ・ヴィタリ



HOME