新サビエル記念聖堂TOP  サビエル記念聖堂説明  聖堂内部設備  山口カトリック教会と記念聖堂のあゆみ  聖堂のあらまし


山口カトリック教会と記念聖堂のあゆみ

1549

815

サビエル鹿児島に上陸

1550

10月末

サビエル、1回目来山

1551

4月初め

サビエル、2回目来山、大内義隆に謁見し、布教の許可を得る

9

サビエル山口を去る

97

トルレス神父、平戸から山ロへ

919

サビエル、大友宗麟と会見

930

大内義隆自刃

1120

サビエル、豊後を出帆し、インドヘ向かう

1552

9

大内義長、トルレスに大道寺裁許状を与える

123

サビエル、上川島で帰天

1556

5

山口の教会が焼滅し、トルレスら豊後に本拠を移す

731

サビエルの師ロヨラの聖イグナチオ帰天

1557

11

この頃、キリシタンは山口に2000人、豊後に2000人、平戸に400人、合計4400人を数える

1569

 

長崎に最初の教会堂を開設

1576

815

京都で大聖堂(サンタ・マリアの御上人寺)南蛮寺の献堂式

828

大友宗麟、臼杵で受洗

1579

725

イエズス会巡察師 A.バリニャーノ神父来日

1586

1223

府内のコレジヨと修練院を山口に避難

1587

5

この頃、毛利秀包受洗

724

豊臣秀吉、キリシタン禁教令を発す

1597

25

長崎の西坂で26名が殉教

1598

 

石田アントニオーピント神学生・ピエロ・パウロ・ナヴァロ神父たち宣教師が再来山

1602

 

毛利輝元の命により山口の神父達は追放され教会は閉鎖される

1605

815

毛利輝元の命により熊谷元直とその一党は誌殺

818

毛利輝元の命によりダミアンは湯田一本松で斬首

1612

4

徳川幕府、直轄領のキリスト教を禁止

1614

11

高山右近らフィリピンに追放、京都・長崎の諸教会堂破壊

1622

910

長崎で宣教師、信徒 55名が殉教

1629

 

路み絵が始まる

1708

1011

最後の宣教師G.B.シドッティ、屋久島に上陸し捕まえられる

1858

212

長崎奉行、踏み絵の中止宣言

1865

219

長崎に大浦天主堂完成

1867

715

浦上四番崩れ

1870

 

浦上キリシタン3000余名が捕えられ、21藩に配流

1873

314

浦上キリシタン信徒の釈放

1888

 

コンパニオン神父山口に入る、田町に仮聖堂

1889

2

ヴィリオン主任神父就任、初の受洗者11人、米屋町に仮聖堂

1895

 

教会は今道町に移る

1923

パリミッション会に変わって山口でもイエズス会が宣教活動開始

1926

10

サビエル記念碑完成祝別式

1938

8

ドメンザイン主任神父就任

1948

7

亀山の土地購入

1949

6

サビエルの聖腕を迎えて渡来 400年記念式典

1951

7

サビエル記念聖堂起工

1952

1

記念聖堂上棟式

1026

記念聖堂献堂式

1960

4

山口天使幼稚園開園

1976

1031

記念聖堂献堂 25周年記念式典

1979

128

サビエル資料館完成祝別式

1984

1222

2台目新パイプオルガンオープニングコンサート

1988

87

椹野川河川敷にて第 1回周防長門殉教者祭

1989

1119

山口教会復起 100周年記念式典

1991

95

サビエル記念聖堂焼失、聖堂再建準備委員会発足 (12)

1993

95

聖堂再建委員会発足

1996

128

山ロサビエル感謝祭 [旧聖堂とのお別れ会]

310

サビエル記念聖堂起工式

1997

119

サビエル記念聖堂定礎式

97

サビエル記念聖堂上棟式

1012

鐘の祝別式

1998

429

サビエル記念聖堂竣工式・献堂式ミサ