第323回オルガン メディテーションのご案内。
型にとらわれない多方面からの音楽空間を作り出す米山麻美さんのパイプオルガン演奏です。

サビエル記念聖堂のパイプオルガンは、
ドイツ・ベッケラート社製。パイプの数は1933本で、ストップ数(音の種類)は29個。
またポジティフオルガン(主に伴奏用の小型オルガン)も設置してあります。
現在のパイプオルガンは、当聖堂としては3台目。1台目はスペイン製オルガンでカトリック防府教会に移設。
2台目は1991年に火事で焼失してしまいました。 なお一層素晴らしい音色を奏でています。

 
パイプオルガン米山麻美

演奏者紹介

backボタン