1月の福音のメッセージ

ご覧になった後はウィンドウの閉じるボタンで閉じてください。


主の後降誕後第2主日 マタイ福音2章1〜12
  主の公現 「星の留まるところに、闇に輝く真の光の幼子がいた。」

  「暗い夜空に輝く星」、満天の星の中で一番美しく大きな輝きを見せる「星」。その星の意味を知る東の国に住む占星術の学者は、その星を発見し「ユダヤ人の王」の誕生したことを知りました。そして、彼らはその「星」に導かれて一路エルサレムに向かいました。一方、エルサレムにいたヘロデ王は、そんな「星」の発見もさることながら、その意味さえも判りませんでした。ところが、その「星」のことを知らされたヘロデ王は、慌てふためきました。とにかく自分よりも偉い王が誕生した。しかも「ユダヤ人の王」、当時、ユダヤを治世していた彼にとって、怒りと同時に不安を抱かせるニュースを聞かされたのです。そこで彼は、急いで宗教指導者たちを呼んで、そのメシアと呼ばれる者が、どこで生まれたのかを聞き出し、また「星」を発見した占星学者たちも密かに呼んで「星」の意味について尋ねました。しかし、ヘロデ王は、自分の企みを人に知られるのを恐れ、「私もみんなと一緒にそこへ行って拝もう」と言った。彼のその言葉は、幼子殺害を隠蔽した巧みな言葉であった。
星に導かれる博士  そんなことを何も知らずにエルサレムに着いた占星術の学者たちは、さらにそこを出発し「星」の示すベツレヘムへと向かいました。そして彼らは、「星」の留まるところに到着し、そこで彼らは母マリアに抱かれた幼子と出会いました。
 「星」の教え、その事実に出会った占星学者たちは、神からの大いなる恵みに感謝し、大きな喜びに満たされました。この幼子こそ闇に輝く真の光です。人に命を与える王に出会った彼らは、人の命を滅ぼす王のもとには戻らず、「別の道を通って」帰途に着いたと言われます。
 幼子との出会い、そして幼子を礼拝することによって、占星学者たちは幼子が示す"新しい命の道"へ歩み始めたのです。あなたは、どちらの「命の道」を選びますか?


年間第2主日 ヨハネ福音2章1〜11
    「あの方のおっしゃることは、何でもそのとおりにしてください」

 司祭に叙階されるとき、その記念にカードを作りそこに聖書からの言葉を載せる習慣があります。私の場合、どのみ言葉にしようかといろいろ考えましたが、最終的にマリア様が話された言葉にしようと思いました。マリア様はカナでの婚礼の場面でぶどう酒が足りなくなったことに気づき、そのことをイエス様にお伝えになります。そして召し使いたちに「この人が何か言いつけたらそのとおりにしてください」(5節)と言われます。
カナの婚礼 そしてイエス様が言われたとおり水がめに水をいっぱいに入れ、かめの縁まで水を満たすと、その水は最高のぶどう酒に変わったということです。「イエス様が何か言われたらそのとおりにしてください」この言葉こそ、マリア様の今も変わらない私たちへの思いではないでしょうか。そしてイエス様がおっしゃったとおりにすると水が最高のぶどう酒に変わったように、私たち人間の力、思いをはるかに超えた神様の恵み、力がもたらされるということではないでしょうか。聖書を開くとそこにはたくさんのイエス様の言葉が記されています。どれも私たちにとって大切なこと、そしてそれを行うようにとの呼びかけの言葉です。今の私たちに必要なことは、イエス様の言葉を聞いて行うことかもしれません。聞いて行う中で神様の存在とそのありがたさがわかるのだと思います。「あの方のおっしゃることは何でもそのとおりにしてください」。今も私の司祭叙階の記念のカードに記されています。


年間第3主日 ルカ福音1章1〜4、4章14〜21
   「今もイエス様は目の見えない、耳の聞こえない頑なな心を持つ人々を救ってくださいます」

 きょうの福音書は二つの箇所の組み合わせです。一つ(1-4節)は著者の「献呈の言葉」、もう一つ(14-21節)は、イエスの最初の里帰りです。
 著者(ルカ?)は、テオフィロ ―「神を愛する人」、「神に愛される人」― に書を献呈します。テオフィロは著者の親友か恩人と思われますが、もしかすると、「神を愛している熱心な信者」を一般に指しているかもしれません。これはともあれ、献呈は次のことを明確にします。イエスに会わなかった福音著者は、主と一緒に生活した使徒たちの教えを記録します。既にこれに手をつけた人が多くて、ルカはその文献を細かく調べた以上、順序正しく編集しました。これを読んだテオフィロ(または、熱心な信者)は、自分の信仰が確実なものだとよりよく理解できるでしょう。
ガリラヤでの初めての宣教  福音書の第二部は、ナザレへの里帰りです。ルカは、「順序正しく」ことを著すと言いましたが、その順序は時間に応じる順序ではありません。ナザレの里帰りは、少なくとも三度だったと思われますが、他の福音書はそれぞれの時期に合わせてその訪問を伝えています。しかし、ルカは、ナザレの三つの訪問を、ユニットとして福音書の4章でまとめています。きょうの箇所は、最初の里帰りの物語です。イエスは、習慣どおりユダヤ教の安息日の典礼に参加し、イザヤ書6.1-2、58.6を朗読した後、その内容は自分についてのことだと、聖書の説明に着手されます。
 ここで主張されるように、イエスは、「良いたより」―「自分が悪から人を解放する」というたより― を知らせるために世に来られました。イエスは2000年前に、目と耳が利かない人、体の不自由な人をいやし、悪魔つきは悪霊から解放されましたが、きょうも、かたくなな心のため「目の見えない、耳の聞こえない」人を「悪」から救ってくださいます。30年の間イエスの目立たない生き方に立ち会っていたナザレの人々は、イエスの立派な話を聞くと感心はしましたが、イエスの使命を信じようとはしませんでした。ご聖体の目立たないイエスの存在に慣れている私たちは、心をいやされるイエス、「悪」から解放される「救い主イエス」を認めているでしょうか…
 (J.M.バラ記 ご意見のある方は、E-メール xavier@c-able.ne.jpへ)


年間第4主日 ルカ福音4章21〜30
   「イエスの示される方向に我が身をおくことが出来ますように」

  "人間の欲望"というのは、何千年経っても殆ど変わらないことに気づかされます。それ故に、そのことに気づき"慰め"を感じた人、あるいは新たに"回心"をした方があるかも知れません。今日の福音に登場するナザレの人たちとは、イエスの育った同郷の人々です。そこで彼らは、イエスのような威厳ある預言者を輩出した自分たちの村に、当然のこととしてイエスから沢山の恵みが与えられることを、自明の理であると決め込んでいました。ところがイエスは、彼らに対して「預言者とは、神の救いを伝えるために、小さな世界に留まらず、むしろその小さな枠を超えてすべての民に神の救いを伝えるために出て行く」と訳のわからないことを話しました。つまり、彼らの思いとは、全く異なった働きをすることを彼らに伝えたのです。 崖から落とされようとするイエスそれを知らされた彼らは、自分たちの面目どころか、それまでの彼らの常識を覆されたことに憤り、イエスを亡き者にしようと、大勢で町の建っている山の崖っ縁まで連れて行き、突き落とそうとしたのです。
 イエスは、ナザレの人々の私利私欲の態度に注意を与えたにもかかわらず、彼らは自分たちの考えを否定されたと憤慨し、怒りが爆発。その結果、イエス排除を決行したのです。
 常識とは、非常識の連続であり、その連続が習慣と成ってしまったことなど、私たちの身の回りには沢山あります。そのため常識には、時々人の思い込みや錯覚もあることに注意しなければならないのです。
 イエスの言う「預言者は神に心を開いた人であり、生まれ故郷に留まらず広くすべての人々の為に働くことが使命である」と伝えています。思い込み、錯覚など、頻繁に生じることの多い現代社会にあっても、しっかりとイエスの示される方向に我が身をおくことが出来るよう、今日の福音から学びましょう。



Topへ

ご覧になった後はウィンドウの閉じるボタンで閉じてください。